スカートに生脚はあり?!

30代になったら生足NG?

こんにちは。
「女の子」で通っていた20代から、
「おばさん」への通過点30代。

スカートはく時に、
「生足でいいんだっけ?」と、
疑問に感じたら、そこが分岐点。

20代のころのように生脚でスカート履くと
批判の嵐?!

30代のスカート履きこなし事情

30超えたら生脚よりストッキング

「30代で生足」っていう響き、

ちょっと、違和感感じませんか?

そう。
見た目的にも、社会的にも
30代になると、
生足ってキレイなイメージがなくなるんです。

20代のころは、社会的にも、
「若さ、フレッシュ感」が求められて、
受け入れられてきました。

でも、30代の女性に求められるものは、
2代のころとは違うんです。

30代で求められるもの、
「年相応、TPOを考えた格好、清潔感のある女性らしさ」

若さやノリだけで乗り切ろう!という
20代の勢いだけの時代は終わったのです。

周りに配慮した行動が求められるようになったのです。

だから、「生足」でいきの良さを演出するのではなく、
「ストッキング」で、清潔感や、
生足にはない奥ゆかしさ、女性らしさを演出することが
社会が求めているものなんです。

「生足」の違和感に気づけた人は、
常識あるキレイ女子ですね。

世の中には、生足でも許される30代もいるんです。
それは、どんな女性でしょう。
 

生脚で許される30代女性とは

絶対生足NG!なんてこともなくって、
まだまだ生足いけるでしょ!と思っている人も
多いかもしれません。

そう。世の中には、生足が許される人もいるんです。
しれは、こんな人。

・仕事柄、生足な人
・足にハリがある
・血管が浮き出てない
・シワたるみがない
・セルライトがない
・ムダ毛の処理が行き届いている
・生足が嫌味ではないファッション

足のケアが行き届いている人、
仕事柄生足を出す人、

この二つの条件は生足でも、
自然で嫌味を感じません。

後は、ファッションセンスにかかります!
それは、生足がファッションの一部として
成り立つオシャレをできる人。

そういう人は、時とその場に適した服装をできる人。

「ストッキング」と「生足」の
使い分けがしっかりとできる人。

まとめ

30代になったら、20代の頃のように
やみくもに、ノリだけでの生足はNG。

足のお手入れはしっかりと、

その時、その場により、
「ストッキング」と「生足」を
使い分けられるのが30代女性ですね♪

顔の小じわがとれない!小じわ対策

小じわ対策はなんといっても水分補給と保湿

20代のころは、
ちょっと肌荒れしても、
翌日になれば張りのある元気な肌に戻っていたのに・・・

化粧落とさないで寝ても全然へーきだったのに…

そう。20代の肌と30代の肌って、
やはり違ってくるんです。

肌機能が衰え始めているんです。
これが現実。

現実を受け入れて、せっせとケアしないと、
30代のうちに収集付かない深ーいシワができちゃいますよ~。

水分補給

20代のころと比べて、お風呂上がりの乾燥、
きにならないですか?

そう。それは、30代になり、
段々肌のキメが粗くなり、
毛穴が開いてきている証拠。

だから、水分が肌から蒸発するのも
早くなっているんです。

洗顔後や入浴後は、
とにかく水分を入れ込んであげましょう。

しかも、水分補給は、15秒以内に!

一瞬なんです。
みんな着替えてからゆっくり保湿。

っていう人多いんですが、
これでは肌から水分が抜けきって水分が
入りずらくなってしまうんです。

だから、洗顔後・入浴後すぐに水分補給できるよう
化粧水は手元に用意しておくといいでしょう。

保湿

水分補給をした後は、絶対保湿をしましょう。

水分をいくら入れても、
蓋をしなければ、すぐに蒸発して
体から水分が抜けてしまいます。

乾燥は小じわの元。
水分補給で、肌の潤いを補い、
その後すぐにしっかり保湿をして、
張りのある肌にすることで、

乾燥小じわは目立たなくなってきます。

最後に

水分補給と保湿。

別に高級化粧品じゃなくたっていいんです。
高級だから…。とちびちび使うより、

自分の肌に合ったものを、
たっぷり肌に入れ込んであげたほうが
お肌も喜びます。

もちろん、化粧水→美容液→乳液→クリーム
と4段階、5段階経てスキンケアをしてあげるのも
いいのですが、

とにかく一番は、
水分+蓋

これさえしっかりすれば、
薄い小じわならまだまだ間に合います!