結婚したい30女の彼氏との付き合い方

30代女性の彼への対応

お付き合いをすると、結婚もよぎる30代。

結婚、結婚とうるさく言って破局してしまった。
大人の女をふるまって強がっていたら浮気された。

なんて、20後半から30代になっての
失敗談よく聞きますよね。

では、結婚したい30代女子は、
彼にどう接していけばいいのか
まとめてみました。

付き合いが長い彼への対応

もう、5年以上付き合っているし、
同棲もしていて、これって事実婚状態だよね。。。?

という人、

男性は、だらだら流れる生活の中で「結婚」という
きっかけをなくしているのかも!

男の人って、目標がたつと、
自然とやる気になるもの。

結婚したいなら、

・一度、真剣に話してみる
結婚についてどう考えているか聞いてみる。

・二人貯金をしようと誘ってみる
結婚式、ハネムーン、新居のための貯金。
将来が現実化する。
まだ、彼に結婚の兆しがなさそうなら、
あえて、結婚費用とは、言わずに、
「旅行のための貯金」程度に話しておいて、
たまった時に、ズバッと切り込む!

すると、お金ないし、と踏ん切りつかなかった彼も、
受け入れやすい。

・旅行に行って、非日常感を味わう
関節的だけど、「やっぱりこの子といると
どこにいても楽しい」と思わせる。

・先に妊娠する
実際、デキコン結構多いですよね。
男性もきっかけとなるのでしょう。

付き合いたての彼

まだ付き合いたてで、
このまま付き合っていって結婚できるのか、
それとも、結婚とか考えてないのか。

30代になると、
結婚しないなら、早く別れて新しい人!
と、気持ちが焦りがち。

・付き合いたてだからこそ結婚願望についてふれてみる
お互いのことを知らないからこそ、
さりげなく触れてみる。

・いきなり妻ぶらない
結婚前提なら別ですけど、
普通に付き合いだして、すぐに、
彼の家に転がり込んで、
家事洗濯とかはNG。

「重い」と思われるか、「家政婦」としてしか
見られなくなって、破局の確立大。

・とにかく彼との距離を縮めよう!
付き合いたてって、30代だって、
相手のことをもっと知りたい!楽しみたい!

その気持ちを大切に、
少しずつ彼との楽しみを見つけよう

さいごに

長い彼氏なら、あなたが「結婚」を考えたときが
いいきっかけ。

付き合いが短い彼には、
30代だからって、強がったり、大人ぶったり
しないで、素直に相手を知ることが結婚への近道!

スカートに生脚はあり?!

30代になったら生足NG?

こんにちは。
「女の子」で通っていた20代から、
「おばさん」への通過点30代。

スカートはく時に、
「生足でいいんだっけ?」と、
疑問に感じたら、そこが分岐点。

20代のころのように生脚でスカート履くと
批判の嵐?!

30代のスカート履きこなし事情

30超えたら生脚よりストッキング

「30代で生足」っていう響き、

ちょっと、違和感感じませんか?

そう。
見た目的にも、社会的にも
30代になると、
生足ってキレイなイメージがなくなるんです。

20代のころは、社会的にも、
「若さ、フレッシュ感」が求められて、
受け入れられてきました。

でも、30代の女性に求められるものは、
2代のころとは違うんです。

30代で求められるもの、
「年相応、TPOを考えた格好、清潔感のある女性らしさ」

若さやノリだけで乗り切ろう!という
20代の勢いだけの時代は終わったのです。

周りに配慮した行動が求められるようになったのです。

だから、「生足」でいきの良さを演出するのではなく、
「ストッキング」で、清潔感や、
生足にはない奥ゆかしさ、女性らしさを演出することが
社会が求めているものなんです。

「生足」の違和感に気づけた人は、
常識あるキレイ女子ですね。

世の中には、生足でも許される30代もいるんです。
それは、どんな女性でしょう。
 

生脚で許される30代女性とは

絶対生足NG!なんてこともなくって、
まだまだ生足いけるでしょ!と思っている人も
多いかもしれません。

そう。世の中には、生足が許される人もいるんです。
しれは、こんな人。

・仕事柄、生足な人
・足にハリがある
・血管が浮き出てない
・シワたるみがない
・セルライトがない
・ムダ毛の処理が行き届いている
・生足が嫌味ではないファッション

足のケアが行き届いている人、
仕事柄生足を出す人、

この二つの条件は生足でも、
自然で嫌味を感じません。

後は、ファッションセンスにかかります!
それは、生足がファッションの一部として
成り立つオシャレをできる人。

そういう人は、時とその場に適した服装をできる人。

「ストッキング」と「生足」の
使い分けがしっかりとできる人。

まとめ

30代になったら、20代の頃のように
やみくもに、ノリだけでの生足はNG。

足のお手入れはしっかりと、

その時、その場により、
「ストッキング」と「生足」を
使い分けられるのが30代女性ですね♪

三十路で結婚できる人とできない人の違い

結婚できる30女性と結婚できない30女性の違い

30歳って、女性にとって、
結構大きなターニングポイント。と、
考えている人が多いですよね。

30過ぎたら結婚できないかも。
出会いないかも。

と、思っていませんか?

30過ぎて結婚できる人と、
できない人の違いをまとめてみました!

30過ぎて結婚できる人

・恋愛に対して積極的である
・いつでも「男性」として見ている
・女性らしさを磨いている
・見た目をきれいにしている
・恋愛に対して遠慮しない
・自分から誘うことができる
・いつも笑顔で明るい

これだけ見ると、「肉食女子?!」と
思うけど、

30代で結婚している人は、
なんだかんだ言っても、自分からも積極的に
「好き」という気持ちを表現できている人。
人を好きになろうと恋愛をしている人。

30過ぎて結婚できない人

・自分は結婚できない。と思っている
・出会いがない。と思っている
・出会いの場で「お高い」態度をとってしまう
・合コンでも変に取り繕ってしまう
・素の自分を出すのが怖いと思っている
・相手を悪い風に見てしまう

一見、女性らしくあまり前にです、控えめ女子に
見えがちですが、

結局、自分を卑下していたり、
ちょっとでも不安になると、
途中であきらめてしまったり、

自分で切り開けないタイプの人が、
結婚できずに残っています。

まとめ

結婚したい!= 恋愛

相手を知ろう!好きになろう!という気持ち
なくしては出会いがあっても、
始まりません。

あなたは、自分に自信をなくしていませんか?

素直な自分で、
壁を作らず相手のことを知ろうとすれば、
きっといい出会いが見つかるはず♪