30代独身の収入と使い道

30代独身OLのお給料はいくら?貯蓄はいくら?

30代にもなると、そこそこキャリアも積んで
役職がついたり、お給料もアップ!

みんなお給料はどのくらいもらっているの?
貯蓄はどのくらい?
何にお金をかけてる?

そんな30代独身OLのお財布事情をご紹介♪

平均月収は?

30代女性の平均月収は、20~25万円。

続いて、15~20万円。

雇用形態も社員・契約社員・派遣社員など
様々ですが、
トータルして20~25万円という人が多いようです。

ボーナスは?

平均すると、20万円

ボーナスは、雇用形態でかなり変わり、
細かく見ていくと、

正社員・・・50万円弱
契約社員・・・17万円
派遣社員・・・1万円弱

と、結構差があります。

平均年収

平均すると、280万程度

ボーナスが違うので、
年収にも、雇用形態によって差があります。

正社員・・・340万円
契約社員・・・270万円
派遣社員・・・240万円

正社員と、派遣社員では、100万円もの差があるんですね!

貯金額は?

貯金額にはかなりのばらつきが!

一番多いのは、100万円以下
次に多いのは、500~600万円

と、貯金をしている人と、貯金をしていない人が
極端です。

それ以降に多いのは、
その中間層の100~500万円の間。

中には、貯金ゼロという人もいれば、
老後の為にと、1000万円以上ためている人もいます。

1000万円以上の人も結構いるんです。

お金の使い道は?

・旅行
・自分磨きのためのスキルアップ
・美容

20代の頃のように、
洋服かったり、飲み会にいったり、
小さいお金を使いまくるのではなく、

30代になると、
経験や体験といった、
自分に身につくものにお金をかける傾向に
あるようです。

お友達と旅行へ行ってみたり、
ヨガやピラティスに通ってみたり、

自分磨きで資格を取得してみたり。

と、物欲より、経験に大きなお金をどんと使う傾向に。

まとめ

30代で理想の貯金額は1000万円だそうです。
生活へのお金をコントロールすることを覚えて、
将来も考え始める30代の女性。

これからの人生を楽しく生きていくためにも、
お金の使い道はしっかりと考えていきたいですね。

仕事と家庭の両立に理想的な職場

仕事と家庭のための理想的仕事

家庭を持ち、子供が産まれると、
子供中心の生活になります。

仕事をメインでしている人は、

おじいちゃん、おばあちゃんに
育児をメインで任せたり、
学童にあずけたりして、
子供が寝るころに帰宅。

自分で子供を見ることができません。

逆に、育児をメインでしている人は、

社会保険にも入れず、時給の仕事で、
稼ぎが少なくて養うことが大変なのが現実。

家庭があるひとが働きやすい
理想の職場をあげてみました。

子供の生活

・8:30~9:00登校・登園
・14:00~16:30下校
(幼稚園・保育園・学校によって異なる)
・土日祝日休み
・春休み1週間
・夏休み1か月
・冬休み2週間
(二学期制もある)

※感染症の風邪のをひくと、
5日~1週間は自宅安静が必要

幼いころは、大人のような免疫力がないため、

幼稚園・保育園に行きだすと、
「万年鼻水」ともいわれるほど、
毎日ウイルスをもらってきます。

感染症になると、
治って、また違うウイルスをもらって、
またかかって・・・の繰り返し。

長いと、1か月近く自宅安静になってしまうこともあります。

理想の職場

こんな子供の生活に寄り添える
理想の職場環境をあげてみました。

・出勤9:00
・帰宅13:30~16:00
・社会保険完備
・土日祝日休み
・病状休暇あり
・有給あり
・春休みあり
・夏休みあり
・冬休みあり

突発的に1か月間など休んでも、
お給料が発生し、
保証がある仕事。

しかも、突発的に1か月、また翌月1か月など
休むことになってしまうかもしれません。

そんな、ことに対応してくれる職場
あるのでしょうか。

サラリーマンをしていると、
そんな仕事休んでばっかりで
保証なんて!と、思う人も多いでしょう。

むしろ、その声が日本の現状。
働いて当たり前。の世界です。

でも、実際、子供がいると、
それだけの時短で、
急な休みはあって当たり前なのが、
子育てなのです。

ここに社会と子育ての家庭の
働ける環境の大きな溝があります。

まとめ

こんな職場が世の中に当たり前になって、
上手く社会が回るようにならないものでしょうかね。

30代になって、
働きながら子供を育てる人、
沢山いると思います。

20代で独身でバリバリ働いていたころには
考えもしなかった家庭との葛藤を
30代になって味わう人が多いのではないでしょうか。

こんな理想的な職場に勤めたいですね。