スカートに生脚はあり?!

30代になったら生足NG?

こんにちは。
「女の子」で通っていた20代から、
「おばさん」への通過点30代。

スカートはく時に、
「生足でいいんだっけ?」と、
疑問に感じたら、そこが分岐点。

20代のころのように生脚でスカート履くと
批判の嵐?!

30代のスカート履きこなし事情

30超えたら生脚よりストッキング

「30代で生足」っていう響き、

ちょっと、違和感感じませんか?

そう。
見た目的にも、社会的にも
30代になると、
生足ってキレイなイメージがなくなるんです。

20代のころは、社会的にも、
「若さ、フレッシュ感」が求められて、
受け入れられてきました。

でも、30代の女性に求められるものは、
2代のころとは違うんです。

30代で求められるもの、
「年相応、TPOを考えた格好、清潔感のある女性らしさ」

若さやノリだけで乗り切ろう!という
20代の勢いだけの時代は終わったのです。

周りに配慮した行動が求められるようになったのです。

だから、「生足」でいきの良さを演出するのではなく、
「ストッキング」で、清潔感や、
生足にはない奥ゆかしさ、女性らしさを演出することが
社会が求めているものなんです。

「生足」の違和感に気づけた人は、
常識あるキレイ女子ですね。

世の中には、生足でも許される30代もいるんです。
それは、どんな女性でしょう。
 

生脚で許される30代女性とは

絶対生足NG!なんてこともなくって、
まだまだ生足いけるでしょ!と思っている人も
多いかもしれません。

そう。世の中には、生足が許される人もいるんです。
しれは、こんな人。

・仕事柄、生足な人
・足にハリがある
・血管が浮き出てない
・シワたるみがない
・セルライトがない
・ムダ毛の処理が行き届いている
・生足が嫌味ではないファッション

足のケアが行き届いている人、
仕事柄生足を出す人、

この二つの条件は生足でも、
自然で嫌味を感じません。

後は、ファッションセンスにかかります!
それは、生足がファッションの一部として
成り立つオシャレをできる人。

そういう人は、時とその場に適した服装をできる人。

「ストッキング」と「生足」の
使い分けがしっかりとできる人。

まとめ

30代になったら、20代の頃のように
やみくもに、ノリだけでの生足はNG。

足のお手入れはしっかりと、

その時、その場により、
「ストッキング」と「生足」を
使い分けられるのが30代女性ですね♪